スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボイン渓谷の神秘的古代遺跡群【ブルー・ナ・ボーニャ】アイルランドの世界遺産

渓谷

ボイン渓谷の神秘的古代遺跡群【ブルー・ナ・ボーニャ】アイルランドの世界遺産
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
スポンサーリンク

ブルー・ナ・ボーニャ アイルランド


スポンサーリンク

世界遺産 ボイン渓谷の遺跡群 の写真集

ブルー・ナ・ボーニャ ボイン渓谷の遺跡群

ダウス(ドウス)

アイルランドの首都ダブリンの北40キロメートル、ボイン渓谷にある紀元前3000年頃に築かれた石室墓の一。直径90メートル、高さ15メートルの巨大な円形をしており、渦巻き模様が刻まれた外壁の石の一部が露出している。

【アイルランド】ブルー・ナ・ボーニャ:ボイン渓谷の考古遺跡群

アイルランド東部に位置する、紀元前3000年ごろに建造されたアイルランド最大の先史遺跡。ニューグレンジ、ノウス、ダウスの3つの大型石室墓と、40以上の墓地が点在している。

【ブルー・ナ・ボーニャ】
ブルー・ナ・ボーニャ(Brú na Bóinne, ボインの宮殿)は、アイルランドのボイン川の屈曲部に位置する新石器時代の石室墳、立石、その他先史的遺跡群の複合体で、国際的にも重要なものである。時代が下ると、鉄器時代には墓地として使われ、中世にはノルマン人が入植した。また、1690年にはボイン川の戦いの舞台にもなった。

この一帯はしばしばボイン渓谷 (Bend of the Boyne) と呼ばれ、不正確にも「ブルー・ナ・ボーニャ」それ自体を指すときにも使われることがある。世界遺産に登録されているのは、アイルランドの国定史跡にもなっている部分である。


≪概要≫
面積は780 haで、他の先史的遺跡群と同じような40の羨道墳を含んでいる。史跡の大部分は、川の北側に集中している。ブルー・ナ・ボーニャで最も有名な遺跡は、巨石群の特筆すべき集積体であるニューグレンジ (Newgrange)、ノウス (Knowth)、ドウス (Dowth) の各墳墓である。それらは川の屈曲部の稜線に立てられており、ノウスとニューグレンジは、より古い史跡で使われていた石を再利用しているようにも見える。この地でのより早い活動の痕跡は、中石器時代の狩人が遺したらしい火打石などを除けば、発見されていない。

川の屈曲部では、他にも多くのエンクロージャーや巨石遺跡が確認されている。上掲の3つの墳墓に加えて、いくつかの祭祀場が次のような遺跡を形成している。

ドウス・ホール羨道墳群 (Dowth Hall passage graves)
Cloghalea Henge
タウンレイホール羨道墳 (Townleyhall passage grave)
モンクニュータウンヘンジ (Monknewtown henge) と祭礼の泉 (ritual pond)
Newgrange cursus

3つの主要巨石遺跡は、天文考古学上の重要な意味も持っている。ニューグレンジとドウスは冬至の太陽に対応し、ノウスは春分の太陽に対応しているのである。隣接する遺跡群についても、他の対応関係がないか検討されている。また、渓谷のブルー・ナ・ボーニャのレイアウトやデザイン自体も、天文学的意味の検討がなされている。

ボイン渓谷の西側、東側、南側が囲まれているように、北側はボイン川の支流であるマトック川が流れており、ほとんど完全に水に囲まれているようなものである。2つの先史的遺跡を除けば、全てがこの川の地峡に存在しているのである。

出典 http://ja.wikipedia.org


国内&海外の格安ホテル検索『トリバゴ』

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

スポンサーリンク

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
スポンサーリンク
スポンサーリンク